新着情報

2018.11.7 第20回図書館総合展へのご来場ありがとうございました

丸善雄松堂では、2018年10月30日~11月1日に開催された第20回図書館総合展に出展いたしました。展示ブースおよび弊社主催フォーラムへたくさんの皆様にご来場いただき、誠にありがとうございました。

今回の展示ブースでは、コンセプトを
『学びを求める全ての人々のために、いま図書館にできること』
と設定し、4つのストーリーをご提案させていただきました。

「伝える」(Transmit) 情報発信基地としての図書館
「支える」(Support) 教育・研究支援拠点としての図書館
「つなぐ」(Connect) コミュニティハブとしての図書館
「変わる」(Change) 新たな役割の担い手としての図書館

それぞれのストーリーと出展商材・サービスおよび事例と、フォーラムの概要につきましては下記の弊社・図書館総合展特設ページに掲載しております。

また、弊社図書館サービス事業部が主催した2つのフォーラムにおいて、当日twitterでの中継を行っております。まとめページも作成しておりますので、ぜひご覧ください。

 

■2018年10月30日開催

「PDCAをまわすエンジンとしての図書館評価 ~大学図書館の学内価値を上げるアセスメントを考える~」

まとめページ:https://togetter.com/li/1284729

〈パネリスト〉
・松原 聡(東洋大学 副学長 (経済学部教授))
・市古 みどり(慶應義塾 三田メディアセンター 事務長)
・中曽根 緑(日本女子大学 図書館事務部 部長)

 

■2018年10月31日開催

「学びのインフラとしてのFabとIoT ~新たな情報環境の到来と図書館が切り拓く未来~」

まとめページ:https://togetter.com/li/1283961

〈パネリスト〉
・中澤 仁(慶應義塾大学 環境情報学部准教授/湘南藤沢ITC所長)
・柴田 寛文(経済産業省 商務・サービスグループ 教育産業室 室長補佐(総括))

 

第20回図書館総合展 丸善雄松堂ブース
展示コンセプトと4つのストーリー
「伝える(Transmit)」 情報発信基地としての図書館、「支える(Support)」 教育・研究支援拠点としての図書館
「つなぐ(Connect)」 コミュニティハブとしての図書館、「変わる(Change)」 新たな役割の担い手としての図書館